アーユルヴェーダで独立

まずアーユルヴェーダとは、サンスクリット語で生命科学という意味合いを持ちます。

インドに5000年以上伝わるといわれる伝承医療の名前で、 WHOで認められている3大伝承医療の一つともいわれています。
また身体的特徴、気質的特徴、生理的特長があり、その中でのヴァータ、ピッタ、カパという生命エネルギーのバランスにより個人の性質が決まるという方式があります。
これらをまとめてドーシャともいいます。
そのドーシャバランスにうまく合わせて生活し、余分なものはしっかりと体から排出し、必要なものを適切に取り入れ、ニュートラルバランスに持っていく事が、心身の健康を保つ秘訣だとアーユルヴェーダでは言い伝えられています。

バラのアロマ

またデトックスという言語は、もともとアーユルヴェーダから生まれた発想ともいわれています。
他にもインドで有名なヨガ・シロダーラ・アビャンガなども、アーユルヴェーダで伝えられる知恵や教えの一つといわれています。

またインド古来の伝統医学であるアーユルヴェーダでは、「自らの持つ自然治癒力を高めて心と体の健康を保つ」というセルフヒーリングの考え方に基づいてできています。
アーユルヴェーダには「生活の知恵」が多く詰まっているので、病気になる暇もない、と忙しい生活を送る現代人が、健康で心から楽しめる生活を送る為に、どうやって病気のサインを発見するか、また植物やスパイスの助けを借りて、どうやってバランスをとっていくのかを、深く学ぶ一歩ともいえる教えが多いのも特徴としてあげられます。

また最近では、アーユルヴェーダを取り入れたヨガなどが、気軽に取り組められる方法としても人気を呼んでいます。
アーユルヴェーダの理論をヨガに取り入れることで、本来あるホットヨガやパワーヨガなどいろいろなタイプのヨガがある中から、自分に合ったものがいったいどれかわからない場合、最適なヨガを選択出来るようになります。
その選択方法は、3つのタイプであるヴァータ・ピッタ・カパにあわせた呼吸法や瞑想法、時間、季節、アロマオイル、音楽の選び方など数多くの違いを知ることができます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年1月22日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像