カラーで独立

近年、いろんな専門職があります。
「カラー」もまた、専門職のひとつになります。
では、《カラーで独立》するためには、どんなスキルと資格が必要なのでしょうか?

そもそも、「カラー」とは、インテリアやメイク、服を選ぶときに誰もが関わっていることです。
どんなことにも色は必要で、それを仕事としている人にとっては、色彩のセンスは重要視されます。
それくらい、色は私たちにとって日常生活において欠かせないものになります。

さて、そんな「カラー」を仕事にしている方は、どんな職業があるのでしょうか?
もっとも分かりやすいのは、「カラーアナリスト」や「パーソナルカラリスト」などが挙げられます。
「カラーコーディネーター」や「カラーセラピスト」なども、有名な“カラーのお仕事”になります。

カラーで独立するためには、当然ですがきちんと知識を学ぶ必要があります。
ただ、カラーの仕事はさまざまですから、スクール選びも目的に合わせて選ばなければいけません。

たとえば、カラーコーディネーターですと、商品開発で好感を持たれる色を分析したり、ファッション業界においては、個人に合う色をアドバイスします。
さらに、印刷物やモニターのRGBの違いも体感し、デジタルカラーのスキルを学ぶスクールもあります。

カラーで独立するには、まず自分がどんな職種に就きたいか考えます。
そこから、どんなカラースクールが適しているか、選びましょう。

もちろん、趣味としてカラーを学ぶことだってできますよ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年12月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像