造園施工管理技士

abogaiza国土交通省が実施する施工管理技術検定に合格した人に与えられる資格です。

造園施工管理技士は、現場において工事の施工計画・工程管理・品質管理・安全管理などを行います。

1・2級どちらとも、受験のためには実務経験かつ1年以上の監督的実務経験を含む)が必要です。

2級造園施工管理技士試験を受験するには、学歴に応じて1年~8年の実務経験が必要とされ、2級試験は、学科試験と実地試験が同日に行われます。

1級造園施工管理技士試験を受験するには、学歴に応じて3年~15年以上の実務経験が必要となります。

1級試験は学科試験と実地試験が別の日に行われ、前 年度に学科試験のみ合格した人は、翌年に実地試験のみを受験することが可能です。

受験するために必要な実務経験および学歴は、様々な区分がありますので、国土交通省の受検資格一覧表で、詳しく知ることができます。

確かな国家資格であり、資格取得者は、公共事業や民間工事の際に必ず配置されなければならない主任技術者・監理技術者となることが認められるため、企業から必要とされる人材と言えます。

また、個人宅から公共の大規模な庭園まで、すべての工事を請け負うことができるため独立起業も可能です。

受験の案内および試験は、一般財団法人 全国建設研修センターにより年一回実施されています。

タグ

2014年10月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ

イメージ画像